人材派遣業界も、戦国時代に入りました。
戦国時代は、淘汰の時代です。


人材派遣業界は、度重なる派遣法改正により、粗利益率も下降しています。

しかし、この時代でも業績をグングン伸ばしている派遣会社、人材紹介会社もたくさんあります。

まずは、改正された派遣法に抵触しないよう、同一労働同一賃金、労使協定、派遣スタッフのキャリア形成、
教育カリキュラムの実施、無期雇用契約など、きちんと行っていきましょう。
そして、今まで行ってきた人材派遣サービスの在り方を根本から見直し、新しく生まれ変われないと、
5年後10年後には淘汰される可能性も高くなってきています。

スタッフを集客する手法、派遣先を開拓する方法などをもう一度見直して、リニューアルしていきましょう。

派遣サポートラインナップ

派遣教育カリキュラム作成
派遣テンプレート100
派遣教育カリキュラム作成
派遣テンプレート100
派遣教育カリキュラム作成
派遣テンプレート100

現在の派遣業界は派遣先ごとの労働協定方式などで
労働局監査が大変になりました。


働き方改革として同一賃金同一労働の下記対策が必要となります

①派遣先ごとに労使協定方式、派遣先均等・均衡方式の選択が必要となります。
②労使協定方式を採用の場合は、厚生労働省の業種別賃金テーブルを基本とし、それに地域指数を掛けたものが基本賃金となります。
③賃金に関しては、昇給の有無、退職手当、賞与をからめた均等待遇が求められます。
➃比較対象労働者の待遇等に関する情報提供がなされない派遣先との派遣契約ができなくなります。
⑤派遣基本契約書が大きく変わります。
⑥派遣労働者と派遣元との同一賃金同一労働の協定書が必要となります。
⑦個別契約書、派遣通知書などが変更となります。
⑧6・1報告で事業報告書に派遣賃金の賃金テーブルが必要となる。


このサイトでは、人材派遣会社の業績アップノウハウのご提供と、派遣コンサルティングなど、トータルで人材ビジネス企業様をサポートしています。
まずは、ノウハウ吸収をはかり、世の中の変化に敏感に対応できる組織をつくり、少しずつ、効率アップ、精度アップ、スピードアップをしていきましょう。


TOPICKS