派遣法改正対応


派遣次行講師申請

【派遣許可更新に必要な知識とポイント】
6月1日の派遣許可更新できますか?
~義務化されたキャリア実施と記録報告

派遣法改正により。許可申請書に教育訓練の内容記載と記録の提出、キャリアパスに応じた教育訓練の合計時間の報告義務、雇用安定措置の内容報告などが義務化されました。
今までのように、簡単には許可更新が受理されません。
どのような対策が必要なのかを整理し把握し、書式記入、教育訓練の実施記録報告をしていきましょう。

詳しくはこちら


派遣改正法の内容

派遣改正法の内容
今回の派遣法改正には、5つのポイントがあります。
その中でも、派遣抵触日問題、特定派遣廃止問題、キャリア形成支援義務化問題、雇用安定措置、派遣許可更新の教育訓練記録報告義務化問題など、避けては通れない問題が出来ました。
どの1つの問題も、解決できないと派遣会社の運営ができなくなります。
派遣法改正により、どのような事柄を解決していかなくてはならないのか整理してみましょう。

詳しくはこちら


一般派遣申請

一般派遣申請コンサルティング
一般労働者派遣の新規申請は一定の条件をすべて満たしていることが必要です。
但し、特定派遣会社を運営していた会社が一般派遣の新規申請をする場合は、資産要件や申請書類だけでなく、あらゆる条項をクリアーしておかないと、簡単には新規申請を受理してくれません。 どのような事柄を整理し、どのような事柄を隠ぺいしておかなくてはならないのかを把握しておきましょう。

詳しくはこちら



キャリア形成支援

キャリア形成・教育訓練書類
作成コンサルティング

派遣法改正で、キャリアパスに応じた教育訓練カリキュラムの計画書提出と、教育訓練内容の報告、教育訓練の実施日時と総合計時間、総人数の報告が義務化されました。
6月30日の許可更新期限は大変です。さらに特定派遣会社の一般新規申請も増えてきます。
早めに準備をしておきましょう

詳しくはこちら