≫派遣法改正対応 ≫一般派遣申請

一般派遣申請

一般派遣申請

一般労働者派遣の新規申請は下記の条件をすべて満たしていることが必要です


1.(純資産に関する要件)

「資産-負債」が2000万円以上

2.(現金に関する要件)
資産の中の現金が1500万円以上

3.(負債の比率に関する要件)

「資産-負債」が負債の7分の1以上

4.(派遣元責任者に係る要件)

 派遣元責任者講習(申請日より3年以内の受講)

*資産が足りない場合は、資本を増やして対応


但し、特定派遣会社が新規に申請する場合は、いろんな項目でチェックが入ります。

①特定派遣会社のグループ会社なのかどうか
②特定派遣会社を引き継ぐのかどうか
③教育訓練、キャリアパスをどのように運用しているのかどうか
④特定派遣のスタッフをどのように移行させるのか
⑤雇用安定措置がなされているのかどうか

上記要件を、すべて満たしてから、新規申請をすることを推奨します。


特定派遣会社の一般派遣新規申請

一般派遣申請

特定派遣会社の一般派遣
新規申請コンサルティング

特定派遣会社が、一般労働者派遣の新規申請は一定の条件をすべて満たしていることに加えて下記のような条件も加わってきますから大変です
①特定派遣会社のグループ会社なのかどうか
②特定派遣会社を引き継ぐのかどうか
③教育訓練、キャリアパスをどのように運用しているのかどうか
④特定派遣のスタッフをどのように移行させるのか

コンサルティング資料請求はこちら