≫派遣経営 ≫派遣経営戦術法則

【利益が出る派遣会社の作り方】
派遣成功法則

人材派遣会社の経営成功するための~20か条

派遣経営成功法則

中小人材派遣会社と大手企業の最大の違いは資金力の差です。
同じ土俵で勝つには、まず相手を分析しなければなりません。
大企業のメリットとデメリットを一度分析してみましょう。

大企業長所
●資本力、資金力、営業力 が強く、売上高も大きい
●ブランドイメージがある
●潰れる心配が少ない
●全国的にサービスできる・・・etc

長所はたくさんあります。
では短所は、

大企業短所
●大きいのでスピードがにぶい
●サービスが画一的で人間味がない
●末端まで指示が行き届きにくい
●変化に対応するのが遅い

上記以外にも、短所も数多くあります。
では、中小企業の長所は

中小企業の長所
●小まわりがきく。
●地域に密着した活動ができる
●ブランド力はないが、アットホームである
●指示系統が即、末端まで行き届く
●変化対応が早い・・・etc

この様に中小人材派遣会社は、中小のメリットが沢山あります。

全国的な売上では勝てませんが、地域ごとの優劣はわかりません。
中小企業は中小企業らしい経営により、スタッフからの信頼を
集める事は可能なのです。

では、どうすれば良いのでしょう。
中小人材派遣会社の進むべき方向

1:少数精鋭主義

2:オリジナル戦略

3:業務の外注化

この3点は必ず押さえておきましょう

新しいプロジェクトや新しい戦略を構築する場合でも、常に上記の3点のポイントを意識して作成しましょう。
プロジェクトの失敗は企業体力を奪います。
前向きな考えで、決められた予算内で最大効率が上がる方法を見いだしましょう。

このノウハウのメリット

✔派遣経営の基本がマスターできる
✔即、利益に結びつく戦略を学ぶことができる
✔インターネットを、利益へ結びつけることができる
✔企業規模に応じた戦略を知ることができる
✔派遣業務を効率化・システム化することができる
✔管理者教育のポイントが理解できる
✔派遣経営者がスキルアップすることができる

派遣会社成功の為に、一番大切なことは、派遣経営者自身が成長することです。
しかし、派遣経営者のスキルをアップさせる市販の書籍などは、見たことがありません。 

 

人材派遣会社の経営成功するための~20か条

ノウハウ内容詳細【派遣会社が利益を出していくための戦略】

派遣会社の利益創出の基本戦略(派遣で利益を創出する基本戦略を解説)

派遣会社が利益を出していくための基本中の基本を再確認し、日々実行していきましょう。

派遣会社の企業規模別の利益創出戦略(それぞれの規模別、ステージ別、エリア別戦略を解説)

中小企業は予算がありません。 無理せず、企業規模や、売上や、成長ステージに応じた戦略を使いましょう。



派遣会社の自社の現状分析法(自社の派遣会社を細部まで分析診断し、より適切な戦略の導入方法を解説)

ライバル企業に勝つには、まず自分の会社の現状を、細部にわたるまで、認識し分析しなければいけません。
企業戦略考案は、そこから生まれます。


 

派遣スタッフのデジタル集客法(最新のデジタルマーケティングのスタッフ集客法を解説)
就業人口減少時代が到来してきました。すべての業種、すべての地域で、スタッフ不足になってきています。
スタッフ集客を、スマートフォン、indeed、リターゲット広告の3つで、集客するノウハウを取得しましょう。

 

 

派遣契約の見直しをするべし  (いかに高い派遣料金で契約できるかを解説)
中小企業が、企業競争において、価格の値引き戦争だけは避けなければなりません。

スタッフ不足時代には、高い派遣料金での契約が必須となってきています。

 

派遣会社が、ライバルと差をつける方法(得意分野や手法で勝ち抜いていく戦略を解説)
中小企業は総合派遣より、得意な分野を育て、得意分野の質で勝負しましょう。
質の上昇が、企業の信頼関係構築の一番の早道です。

 

 

無駄のない派遣経営の実践手法 (派遣会社の基本戦略を解説)
人件費は固定経費の最大費用です。

中小派遣会社の幹部は、少数精鋭に徹し、世の中の変化や、流動化に対応できる組織つくりを考えましょう。


 

派遣会社の助成金活用術(派遣会社が受給しやすい助成金を解説)
キャリア形成支援助成金を申請して、毎年数百万単位でキャリアアップ助成金を獲得していきましょう。
その資金を、スタッフ集客資金にシフトしていきましょう。



派遣会社の新規派遣先獲得のポイント(派遣先開拓営業の戦力を解説)
スタッフを集客すること、派遣先とマッチングさせること、この2点をコア(中核)業務にしていきましょう。

新規派遣先開拓は、基本戦略。


 

派遣会社のキャリ形成支援、教育訓練義務対策(リスクアセスメントを解説)
派遣法改正により、教育訓練の運用が義務化されました。
入職時訓練、1年目、2年目、3年目、4年目以降訓練を階層別かつ体系的に、キャリアパスを作成し、運用し、記録していきましょう。



派遣抵触日対策に全力で取り組むべし(今、最も必要な生き残り戦略を解説)
派遣法改正により、2018年10月から、3年の抵触日が日本中の派遣会社が抵触日対策が必要になります。
どのようにして売上や利益を落とさずにしていくのかを研究・分析し、早めに対策を講じていきましょう。


 

派遣管理者や幹部教育に力を注ぐべし(派遣会社の管理者教育法を解説)
幹部育成は、企業存続への絶対必要条件です。派遣会社は、管理者育成が成功の必須ポイントです。を育てる事に経費を惜しんではいけません。


 

外国人を活用するべし(外国人活用を解説)
少子高齢化で、スタッフ集客が大変になってきています。この傾向は止まりません。
外国人を活用し、人員の安定化を図っていきましょう。



派遣会社は効率よいランク別戦術を使うべし(企業規模別戦略を解説)
中小企業は効率よく業績をアップさせなければいけません。 やみくもな営業活動よりも、グローバルな戦術を使いましょう



派遣会社は儲かっていても固定経費は抑えるべし(グローバル経営を解説)
派遣会社の最大の弱点は、景気の下降局面に弱いことです。利益が出ていてもグローバルな会社経営を心がけましょう。
常に、中長期の視点で、計画的に、投資を考えましょう。



少子高齢化でも利益が出る業態サービスを考えていきましょう(これから伸びる業種での手法を解説)
介護人材サービスや看護人材サービスの良いところは、日本中のどのエリアでも成功の可能性が高いです。

介護施設・クリニックでは、今後10年間以上は、超人手不足時代となってきます。

Indeed,スマホと連動させ、低い広告予算でスタッフ集客が 可能です。



会社の理念、方針を徹底するべし(派遣会社の理念などを解説)
会社理念を作成し全員に徹底しましょう。
毎日唱える事により、モチベーションアップと愛社精神の構築を図りましょう。



目標を具体的に決めるべし(派遣会社の目標設定などを解説)
目標のない組織に成功の可能性はありません。
適切な数字目標を立て、目標達成をするには、どのような事をすれば良いのか考える事により、ビジネスマンとしても成長しましょう。

目標は必ず達成するべし(ビジネスマンの最大の使命感などを解説)
目標を達成するのは、ビジネスマンの使命です。 目標を達成させるのは管理者の使命です。
経営者は、社員1人1人の数字チェックとモチベーションのチェック、両方忘れてはいけません。 


社長自ら変革するべし(派遣会社の経営者の在り方などを解説)
企業は、社長の器以上の企業には成長できません。自らも、向上心を
持って幹部社員以上に業界や、経済の流れなどを研究し、先見性を高めなければなりません。


派遣経営戦術法則

【利益が出る派遣会社の作り方】
派遣成功法則

人材派遣会社の経営成功~20か条


 3,800円(税込)

中小人材派遣会社と大手企業の最大の違いは資金力の差です。 自社の企業体力に応じた戦略をしていきましょう。スタッフさえ集客できさえすれば、必ず利益が出てきます。紙ベースの人員募集だけでは、終わってしまいます。ネット特にスマホを活用して、スタッフ集客できる仕組みを作り、紙ベース(アナログ)とデジタルを融合させてスタッフを数倍集客することは可能です。 なるべく早く取り掛かりましょう。

派遣成功法則
人材派遣会社経営成功~20か条
ご購入はこちら