≫派遣経営 ≫外国人実習生の利用

外国人実習生の利用

外国人実習生の利用


派遣法改正が平成27年に行われたので、そこで3年の
派遣抵触日がリセットされた為に、3年後の平成30年10月からは、

派遣会社のXデイがやってきます。

対策法としては、

①派遣先へ直雇用
②所属部署や派遣先の配置転換
③無期限派遣契約
④請負業務への移行


上記4つが、主な対応策となってきます。

ここでは、④請負業務への移行のための人材確保という視点から、外国人実習生の導入について解説いたします。

派遣から請負への転換は、特定派遣が禁止される平成30年の10月から、ブームとなるでしょう。
しかし、請負業務は、1個単価の契約ですので、人材がスムーズに確保できないと大変なことになってしまいます。
日本人だけでは、円滑に数人、数十人を集めることは不可能です。
そのために、必ず外国人の技能実習制度自体も、ブームとなってきます。
今のうちに、実習生導入の基本知識を、取得しておく必要があります。
現在は、日本で約14万人の実習生がいます。
中国人が最も多く、次にベトナム人となっています。
受入れできる業種には規制があり、製造系、建設系、農業などが主な業種です。
基本サービス業は、受入れできません(介護については特例あり)。
基本3年間、日本で実習が可能ですが、建設系と介護系は、特に人員不足という事情から、
特例で5年間可能です。

受入れ人数に関しては、1年あたり
50名以下の企業 3名まで
51名以上の企業 6名まで
101名以上の企業は、10名まで


ということですので、基本3年ですから

50名以下の企業 9名まで
51名以上の企業 18名まで
101名以上の企業は、30名まで


の人員を確保することができます。

外国人実習生の導入【無料PDFレポート】

外国人実習生の利用

外国人実習生の利用
【無料PDFレポート】 派遣法改正が平成27年に行われたので、そこで3年の派遣抵触日がリセットされた為に、3年後の平成30年10月からは、製造請負などの手段も必要になってきます。
ただ、スタッフが集客できないために、大きな請負を受注できないのは現状です。
外国人実習生を導入して、製造請負業務を円滑に運用していきましょう。 日本人だけでは、円滑に数人、数十人を集めることは不可能です。

ご購入はこちら
コンサルティング資料請求はこちら